老後の不安を解消するためにiDeCoをはじめました

将来の年金不安から、何か老後のために出来ることはないのか調べて始めたのがiDeCoです。

預貯金のほうが資金の流動性は高いのですが、老後のために貯めているお金を使わずに老後まで残すためにはやはり解約できない形のものが理想的です。

最初は年金型の保険を検討していましたが、それ程節税効果も高くなく、もしお金が必要になったら元本割れするとしても解約してしまうかも知れません。

その点、iDeCoは原則解約不可能ですので、純粋の老後のために残すことができます。
これはデメリットでもありますが、同時にメリットでもあります。

そして掛け金全額が控除対象にできるため、年間の節税額の高さも魅力的です。
確かに加入時や毎月も手数料がかかるデメリットはあるのですが、それを差し引いても節税効果のほうが高いのです。

毎月の手数料はわずかなものですが、私はなるべくコストを掛けたくなかったため、手数料が無料のSBI証券を選んで申込みを行いました。
楽天証券も同じように手数料が無料になりますが、選べる商品は圧倒的にSBI証券が多いです。

以前は加入条件に制限がありましたので夫の分だけ加入していましたが、iDeCoになってからは専業主婦でも加入することができます。
収入が少ない場合には節税効果は多少低くなるのですが、それでも妻名義でも老後資金を残せることにはメリットを感じます。

保険の場合は妻名義の保険でも夫の収入から控除できるのですから、いずれ妻名義のiDeCoの掛け金も夫の収入から控除できるようになることにも期待してしまいます。