弟の愛車、ホンダ・スペイシー100cc

ウチの弟がホンダのスペイシーの100ccに乗っています。
弟は中型の免許を若い頃に取り、その直後ドラッグスターに乗っていたのですが、その大きさの扱いづらさゆえに手放してしまい、その後数年はバイクに乗っていませんでした。

購入の決め手となったのはやはり扱いやすさ・手軽さです。
スクーターなのでケツの収納がありますし、デカいリアボックスもつけられるので、スーパー等の買い物にはかなり重宝しています。

100ccなので高速は乗れませんが、タンデムは可能です。1人乗りでの走行安定性は抜群ですが、タンデムをしても安定感はかなりあります。

sp100

「タンデムができて30キロ以上出してもOKな原付」といった感じで燃費も良いので、買い物、通勤に重宝しますし収納があるので旅行に行っても土産が買ってこれます。
ただし高速は乗れないので全て下道移動にはなりますが。

買い物や通勤用の足が欲しいけど原付じゃ嫌だし大きいバイクも疲れるなぁ。。といった方にはスペイシー100はオススメです。
諸経費込みの良品でも大体10万から15万で購入することもできます。

ただし、前述しましたが高速は乗れないので、遠出も検討されている場合は150ccのスクーターなんかを選ぶと良いと思います。

今なら高く売れそうなフュージョン250

ホンダのビッグスクーターの車種であるフュージョンの250ccを売ろうかと思っています。
売るならバイク王で買取ってもらうつもりですが、人気車種なのでかなり高い査定が期待できそうです。

フュージョンの魅力はなんといっても、アメリカンにひけをとらない乗り心地です。
大きいシートに低い車高と足を前に放り出して乗れるので長距離の移動でもなんら苦になりません。

ビッグスクーターの良さの一つでもある走行性能ですが、フュージョンでももちろんあります。
高速でも嫌な振動はほとんどありませんし、120km/hは楽々出ますので、大型バイクのライダーとツーリングを共にしても余裕でついて行けます。パワーも劣らずで坂道もタンデムも楽々運転できます。

収納面は本体のケツ収納で大体は事足ります。買い物袋や荷物を入れる程度なら大丈夫ですが、フルフェイスは入らず、ジェットのヘルメットは大きさによっては入りません。フュージョン専用のリアボックスが1万円程度で手に入るので、収納を気にされる場合はそちらの検討もいいかもしれません。

フュージョンの唯一の難点ですが、やはりビッグスクーターゆえの車体のデカさ、重さです。
手押しに慣れるまで結構時間はかかりましたし、狭い駐輪場の場合駐車に苦労します。
また前のフュージョンの鼻の部分が飛び出しているので、駐車等の際気をつけないと鼻をぶつけます。
ただし、アメリカンよりは扱いやすいと思います。