老後の不安を解消するためにiDeCoをはじめました

将来の年金不安から、何か老後のために出来ることはないのか調べて始めたのがiDeCoです。

預貯金のほうが資金の流動性は高いのですが、老後のために貯めているお金を使わずに老後まで残すためにはやはり解約できない形のものが理想的です。

最初は年金型の保険を検討していましたが、それ程節税効果も高くなく、もしお金が必要になったら元本割れするとしても解約してしまうかも知れません。

その点、iDeCoは原則解約不可能ですので、純粋の老後のために残すことができます。
これはデメリットでもありますが、同時にメリットでもあります。

そして掛け金全額が控除対象にできるため、年間の節税額の高さも魅力的です。
確かに加入時や毎月も手数料がかかるデメリットはあるのですが、それを差し引いても節税効果のほうが高いのです。

毎月の手数料はわずかなものですが、私はなるべくコストを掛けたくなかったため、手数料が無料のSBI証券を選んで申込みを行いました。
楽天証券も同じように手数料が無料になりますが、選べる商品は圧倒的にSBI証券が多いです。

以前は加入条件に制限がありましたので夫の分だけ加入していましたが、iDeCoになってからは専業主婦でも加入することができます。
収入が少ない場合には節税効果は多少低くなるのですが、それでも妻名義でも老後資金を残せることにはメリットを感じます。

保険の場合は妻名義の保険でも夫の収入から控除できるのですから、いずれ妻名義のiDeCoの掛け金も夫の収入から控除できるようになることにも期待してしまいます。

弟の愛車、ホンダ・スペイシー100cc

ウチの弟がホンダのスペイシーの100ccに乗っています。
弟は中型の免許を若い頃に取り、その直後ドラッグスターに乗っていたのですが、その大きさの扱いづらさゆえに手放してしまい、その後数年はバイクに乗っていませんでした。

購入の決め手となったのはやはり扱いやすさ・手軽さです。
スクーターなのでケツの収納がありますし、デカいリアボックスもつけられるので、スーパー等の買い物にはかなり重宝しています。

100ccなので高速は乗れませんが、タンデムは可能です。1人乗りでの走行安定性は抜群ですが、タンデムをしても安定感はかなりあります。

sp100

「タンデムができて30キロ以上出してもOKな原付」といった感じで燃費も良いので、買い物、通勤に重宝しますし収納があるので旅行に行っても土産が買ってこれます。
ただし高速は乗れないので全て下道移動にはなりますが。

買い物や通勤用の足が欲しいけど原付じゃ嫌だし大きいバイクも疲れるなぁ。。といった方にはスペイシー100はオススメです。
諸経費込みの良品でも大体10万から15万で購入することもできます。

ただし、前述しましたが高速は乗れないので、遠出も検討されている場合は150ccのスクーターなんかを選ぶと良いと思います。

今なら高く売れそうなフュージョン250

ホンダのビッグスクーターの車種であるフュージョンの250ccを売ろうかと思っています。
売るならバイク王で買取ってもらうつもりですが、人気車種なのでかなり高い査定が期待できそうです。

フュージョンの魅力はなんといっても、アメリカンにひけをとらない乗り心地です。
大きいシートに低い車高と足を前に放り出して乗れるので長距離の移動でもなんら苦になりません。

ビッグスクーターの良さの一つでもある走行性能ですが、フュージョンでももちろんあります。
高速でも嫌な振動はほとんどありませんし、120km/hは楽々出ますので、大型バイクのライダーとツーリングを共にしても余裕でついて行けます。パワーも劣らずで坂道もタンデムも楽々運転できます。

収納面は本体のケツ収納で大体は事足ります。買い物袋や荷物を入れる程度なら大丈夫ですが、フルフェイスは入らず、ジェットのヘルメットは大きさによっては入りません。フュージョン専用のリアボックスが1万円程度で手に入るので、収納を気にされる場合はそちらの検討もいいかもしれません。

フュージョンの唯一の難点ですが、やはりビッグスクーターゆえの車体のデカさ、重さです。
手押しに慣れるまで結構時間はかかりましたし、狭い駐輪場の場合駐車に苦労します。
また前のフュージョンの鼻の部分が飛び出しているので、駐車等の際気をつけないと鼻をぶつけます。
ただし、アメリカンよりは扱いやすいと思います。

バイクを高く売りたいなら日頃のメンテナンスは欠かせない

バイクを売る動機として考えられるのは新しい車やバイクを購入するから必要なくなったとか、バイク自体を利用しなくなった等々様々だと思います。

しかし、いくらバイクが必要なくなったからと言っても、少しでも高く売りたいというのが正直なところだと思います。そこで今回は少しでも高くバイクを売るにはどうしたら良いのかを説明させていきます。

まず売るバイクの状態を確認しましょう。もしも目の前に中古バイク2台があるとします。1台は細かい場所に汚れはあるものの全体的にキレイなバイク、もう1台は全体的に汚れを被っているバイクです。

この2台をバイク王に査定してもらった場合、高く売れるバイクはどちらでしょうか。やはり印象としては1台目のバイクの方が高く売れると思います。
勿論見た目の汚れのみで判断されるとは限りませんが、常日頃からバイクをキレイに保っておいた方が印象としては良いようです。

そして一番大事になってくるのがバイクそのものの機能は発揮できるのかという事です。万が一肝心のエンジンが壊れているならば高く売れる可能性は低くなるでしょう。

バイク買取の口コミを見ても、買取価格が安くなる要因のナンバーワンが故障や不具合を抱えているバイクであることは明白です。かといって、修理に出してしまっては新たな費用がかかってしまうので、売る意味も薄れてくるので注意が必要となってきます。従ってバイクのメンテナンスを行っていたかどうかも、売る際には影響してくると言っても過言ではないと思います。

 

行きも帰りもお土産も、お得なANAの株主優待券

私がおすすめする株主優待はANAの優待券です。帰省するときによく利用します。中々予定が立てられず、早割などが予約できなくても大丈夫、正規料金から半額で利用することが出来ます。家族4人の往復の飛行機代が半額になることを考えるととても大きいです。

路線にもよりますが、私の利用する線はギリギリまで空いていることが多いのでとても助かります。一緒に送られてくる冊子には旅行や、ゴルフ、ホテルなどで使えるクーポンが付いています。

 
国内、海外旅行のANAスカイホリデー、ハローツアーなどは7%引きになり、早期割引と併用もできるので、家族でハワイに行った時もかなりお得になりました。インターネットで予約して、後から優待券を送るだけなので来店する必要もありません。

空港売店は10%引きになるので、お土産などを買うときも使えます。
ANAホテルでも利用でき、飲食代から10%の割引が受けられます。
婚礼でも使えるので結婚式や、新婚旅行の予定がある人はクーポンをゲットするとかなり節約できると思います。

年に2回送られてくる優待券は、以前に比べ利用できる期間が長くなったので利用しやすくなりました。予約時にシリアルナンバーを入力する手間は増えましたが、不正利用を防ぐためなのでしょうね。
後は、路線が廃止にならないことを祈るのみです。